転職サイト 登録

転職サイトに登録したら必ず使いたいスカウト機能

転職エージェント,転職サイト,転職サイト 登録,,転職サイト スカウト

 

転職サイトというのはtype転職エージェントやマイナビなどに代表されるように、転職先の情報を掲載していて、そこで紹介されている求人に自由に応募できるというサイト構成になっています。

 

地域のハローワークでは地元の情報を詳しく収集できるのに対し、転職サイトでは比較的広告費用に余裕のある大きな会社の情報が掲載されていますので、そのような会社を転職先として考えている方にとっては利用する価値が高いと言えます。

 

企業からのスカウトで有利に転職活動を進めよう!

また転職サイトでは、個人の履歴や職務経歴、資格の取得状況などを、ペーパーの履歴書等と同じようにWEBに登録して保存することができます。

 

そして、この情報を公開するとともにスカウトメールを受信できるように設定しておくと、求人企業の方から獲得したい人材の情報を収集して、「求人・募集の双方の折り合いが付きそうだ」と判断した場合、企業の方からスカウトしてくる場合があるのです。

 

職務経歴や資格の取得状況など、あなたが登録した情報を基にしてスカウトが行われますので、あなたの希望とのマッチング度は通常の場合に比べて高いと言えます。

 

さらに、求職者の側からの一方的な応募に比べて、企業側からの依頼に応じるというスタンスで転職活動に臨むことができますので、以降の面接等における待遇条件の交渉においても有利な状況を獲得しやすくなります。

 

スカウトを活用すれば複数の転職サイトで有利に!

また、特に明確な転職時期が決まっていない方などは、転職サイトに登録し設定しておくだけでスカウトメールが届きますので、その都度いちいち転職サイトの求人情報をチェックする手間も省けます。

 

転職サイトごとに若干異なりますが、最近ではスカウトメールにも“重要度”や“企業の興味の強弱”に応じて数種類のスカウトメールを使い分けている転職サイトもありますので、転職希望者が興味のあるメールだけを真剣に活用し、そうでないメールは利用しないといった使い分けも簡単にできます。

 

転職サイトは、大手の転職サイトだけでも数社ありますので1社のみに登録するのではなく、あなたの状況にあった転職サイト数社に登録してスカウトメールを活用できる状態にしておくと、転職活動の幅が広がり有利に転職活動を進めることができることでしょう。

スカウトの2つの上手な活用方法

転職エージェント,転職サイト,転職サイト 登録,,転職サイト スカウト

 

前提として、転職サイトにおける「スカウト」には大きく2種類ありますので、まずはそれぞれを定義しておきます。具体的には以下の通りです。

  1. 企業からのスカウト
  2. 転職エージェントからのスカウト

今回は、これら2種類のスカウトそれぞれについて、有効活用する方法をご紹介します。

 

企業からのスカウト

これは、人を採用したい企業が、転職サイトに登録している転職希望者に対して、直接「弊社で働きませんか?」というメッセージを送るものです。

 

こういったメッセージには、メッセージ内に「書類選考は免除します」や「前職での給与水準を保証します」等と書かれていることも多く、普通に転職サイトで掲載されている求人に応募するよりもアドバンテージがありますので、スカウトを上手に活用できればあなたの希望条件に合った転職をスムーズに進めるための手助けになります。

 

ちなみに、スカウトというと何となく個人の経歴等をじっくり見た上で「この人が良い!」と判断して送ってきてくれているようなイメージも受けますが、基本的に転職サイトでのスカウトメッセージは、転職サイトに登録してある転職希望者の経歴や希望条件を募集企業が好みの条件で検索し、ヒットした人に対して半ば機械的に送っているものでもあるです。

 

したがって、このスカウト機能を有効活用するには、とにもかくにもまずは「企業の検索にひっかかりやすくしておくこと」が重要になります。そのために必要なのは「検索されやすい単語を自身の経歴レジュメに散りばめておくこと」です。

 

例えば、プログラマであれば経験言語は必須ですし、小さなプロジェクトでも良いのでリーダーの経験があるなら、「リーダー」という単語は必ず入れておきましょう。また、仕事で行ったことのある国を書いておくことはもちろん、職歴とは直接関係なくても、「○○への留学経験がある」というようなことも、PR欄などに書いておくと企業側の検索にヒットしやすくなります。このようなキーワードが経歴として登録されていることで、結果として多くのスカウトメッセージが届くようになります。

 

なお、企業は検索する際に、「経歴レジュメを頻繁に更新しているかどうか」を検索条件にすることもあります。これは、「経歴を頻繁に更新している⇒転職サイトに頻繁に訪れている⇒転職意欲が強い」と見込まれるためです。このようなスカウト基準もありますから、ご自身の経歴レジュメは定期的に更新するようにしましょう。

 

転職エージェントからのスカウト

転職サイトによっては、スカウトメッセージの中に転職エージェントからのメッセージが含まれる場合があります。これらは転職エージェントからの「ウチで求人紹介しますよ」というメッセージになるのですが、言ってしまえば転職エージェントからの営業メールみたいなものですので、企業からの直接スカウトと違い放っておいても数だけはガンガン来ます。

 

多くの方が複数の転職サイトに登録されていますので、これを有効活用するポイントは「自分の希望に合った求人を紹介してくれる転職エージェントかどうかを、いかにして見極めるか」という点になります。

 

送付されてきたメッセージの時点で、紹介できる求人の例として挙げられているものの中に自分が希望する企業が入っていたりすればあまり困ることはないのですが、そうでない場合は自分にとって有用な転職エージェントなのかどうかをその都度判断しなくてはなりません。

 

判断ポイントは、やはりまずは提供してもらえる「求人数」になります。ただし、この際に気をつけるべき点は、ピンからキリまで含めた求人の絶対数ではなく「自分が希望する業界で、かつ自分のレベルに相応の求人の数」で判断することです。

 

例えば、業界特化型のエージェント企業であれば、会社規模は大きくなくても有用な求人をたくさん持っている可能性がありますし、そういった転職エージェントは業界についての知見が深いため、業界動向や面接対策の良いアドバイスをもらえたりもするのです。

 

なお、いずれにせよ、スカウトメッセージは企業や転職エージェントと繋がるための有効な接点です。それぞれがどのような意図で発信されているのかを理解し、良い企業・良い転職エージェントと出会えるきっかけになるように積極的に活用していきましょう。