転職サイト 登録

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイト 転職エージェント 違い

 

転職サイトに登録するにしろ転職エージェント登録するにしろ、どちらも転職にあたって非常に有効なツールですがそれぞれ特性があります。そこで、ここでは両者を比較しながら、それぞれの良さを見ていきたいと思います。

 

気軽さ

まず、転職活動のはじめの一歩という意味での気軽さとしては、転職サイトに登録するのが良いと思います。メールアドレスだけで簡単に登録でき、登録したからと言ってすぐに転職する必要もありません。

 

そのため、「今はまだ転職は考えていないけれども、いつかは転職したい・・・」というような方でも、とりあえず登録することができます。

 

活動期間

ただ、気軽すぎるが故に、登録はしたものの実際の活動がなかなか始められず、ただメールが溜まるだけということにもなりかねません。転職活動自体も、「なんとなく良い求人があった時に単発で受けてみる」といったことになりがちで、場合によっては活動がだらだらと続いてしまうこともあります。

 

その点、転職エージェントの方が短期間で集中的に活動する分、早くに内定が出る傾向があります。

 

求人数

求人に関して言えば、まず純粋な数であれば多くの場合、転職サイトに軍配があがります。(※一部の大手エージェント企業に関しては、求人サイトよりも多くの求人情報を持っていることもあります。)

 

しかし、転職エージェントが担当者として業界ごとのスペシャリストを抱えていることや、転職サイトには出ていない非公開求人を持っていることを考えると、手に入る(=提案してもらえる)求人の質まで考慮した上での比較であれば、転職エージェントの方が良いかもしれません。

 

成功率

最後に転職の成功率ですが、これも転職エージェントの方が良いと思います。求人の質からも繋がるのですが、あなたが希望する業界の知識を豊富に持っていたり、面接のポイントを教えてくれたりすることから、転職サイトだけを利用してひとりで活動するよりも選考フローの突破率は格段に上がります。

 

何よりも企業のことをよく知っている転職エージェントからアドバイスをもらうことで、入社後に大きなギャップを感じることも少なくなります。内定獲得までの確率と入社後のギャップの両面において考慮すると、転職エージェントはあなたの転職活動の成功に大いに役立つでことしょう。

 

 

以上のことを鑑みると、転職活動を始めるにあたってのはじめの一歩としては転職サイトに登録するのが非常に良いと思います。その後、本気で転職したいと思ったらそのタイミングで転職エージェントを活用し始め、本格的に活動を行うのが、成功する転職への一番の道ではないかと思います。