転職サイト 登録

スチュワーデスをやめて転職するのはとても難しい

[40代/女性/翻訳通訳コーディネーター]の転職体験談
・利用した転職サイト:パソナなど

 

以前は外資系エアラインのスチュワーデスをしていました。仕事自体はとても好きだったのですが、休みが不規則で、休日を有意義に使えないことと、定年退職の年齢が低く、定年後に仕事が見つかるか不安だったことなどから、転職を考えるようになりました。

 

といっても、語学以外に特にスキルがなく、スチュワーデスをやめて転職するのはとても難しいと思っていました。

 

とりあえず、新聞広告をみたり、転職エージェントに登録をしましたところ、2つインタビューを受けることができました。

 

一つは、ある学習習塾の英語の先生でしたが、面接の際、経営者の方の印象が良くなくて、どうしようか迷っていました。
ただの思い過ごしかな?と、お受けしようと思ったのですが、たまたまそこで働いていたという方と偶然知り合って、やはり私の持った第一印象は当たっていたのでお断りさせていただきました。
その方の話によると、経営者の方はよくセクハラ問題を起こしていたようです。すぐにでも転職したかったので、あせって決めようとしていたところ、奇跡的に他の人の話がきけて良かったです。

 

2つ目は、翻訳と通訳の会社のコーディネーターでした。こちらの会社は社長さんが女性の方で、学習塾のようなセクハラはなさそうだな、と思ったので就職を決めました。

 

仕事はスチュワーデスの時と違い9時から6時のデスクワークです。オフィスにふさわしい服装をもっていなかったので、急いで調達しました。

 

私はもともと人とかかわるのが大好きなので顧客の扱いにはなれていましたが、仕事を始めてみると最初はわからないことだらけで、苦労しました。

 

通訳を派遣するのはわりと簡単に見積もりができるのですが、翻訳となると、それが専門的なのか、それとも、もっと砕けた内容のものなのか、で値段が全然違います。ですので、毎回、過去の似たような案件とにらめっこして、決めなければならず、これでほんとにいいのかな?と思いながら見積もりをだしていました。

 

お給料はスチュワーデスをしていた時の方がよかったですが、転職して主人と一緒に過ごせるようになり、とてもよかったと思っています。