転職サイト 登録

転職エージェントに手取り足取りお世話になりました

[30代/女性/商社]の転職体験談
・利用した転職サイト:パソナキャリア、リクルートエージェント、DODAなど

 

給与、待遇面では一般職でも遜色なく満足のいくものでしたが、男性と同じ仕事をこなしているのにどうしてもついている男女差に納得がいかない気持ちが年々高まっていきました。

 

そこで、派遣社員の雇用でお世話になっているパソナの営業の方に、会社には秘密で転職部門を紹介していただき転職活動を開始することにしました。

 

新卒で働いていたので、履歴書を書いたのは人生で一回だけ。今回は職務経歴書も書かねばなりません。

 

とても恥ずかしかったですが、エージェントの担当の方にその旨とても悩んでいると打ち明け、手取り足取り指導をしていただく日々が始まりました。

 

職務経歴書については、自分が総合商社で何を担当してきたかを詳細に棚卸することが必要で、自分が知らず知らずのうちに身に着けていた専門知識やノウハウ、会社の奨励制度で受験していたTOEICのスコア(930)が非常な武器になることを知りました。

 

そして一応、転職活動をするに当たって必要な書類の精査が終わり、スカウトメールを待つということになりました。

 

就労していての転職活動なのと、積極的に今すぐにでも!という状態ではなかったので、スカウトメールとエージェントがリスティングしている企業の中から選択をして応募するという形を取りました。

 

自分では長丁場になると覚悟をしていたので待つこと自体はまったく苦にならず、かなり余裕をもった転職活動だったと思います。

 

そしてある日、あるスカウトメールが私の目を惹きました。

 

企業規模は総合商社の10分の1の専門商社でしたが、そこの企業で総合職の募集をしているとありました。取扱商品も総合商社で所属していた食品グループにぴったりの、輸入食品、酒、飲料類ということで、これまでの経験、知識がストレートに生かせる場所だと思いました。

 

エージェントの担当の方からは、初めての転職なのでジョブホッピングするタイプではないからそこが強みだと励まして頂き、面接に臨みそちらでのポジションを得ました。

 

給与面も前職を考えてくださり、ほとんどスライド式での転職となりました。

 

何もわからなかった私がこのように前職以上の肩書やポジションを得て不満なく働けたのも、転職エージェントのお力あってのことだと今も感謝しております。