転職サイト 登録

失業手当をもらいながらの転職活動

[40代/男性/印刷業界/営業職]の転職体験談
・利用した転職サイト:リクルートエージェント、DODA、マイナビエージェント、type転職エージェント、パソナキャリアなど

 

新卒で入社した印刷会社が経営悪化で廃業となり、失業手当をもらいながら転職活動をしていました。

 

職安の求人を見たり、求人誌を見たりといろいろな方法をためしましたが、インターネットでの転職活動が私が体験した中では一番優れていると感じております。

 

私の場合は5サイト転職サイトに登録しました。中でも「マイナビエージェント」「DODA」を数多く利用していました。

 

「マイナビエージェント」は今働いている会社と私を繋げてくれたので今でも感謝しています。専任転職アドバイザーが職務経歴書や履歴書などのアドバイスをしてくれ、転職を応援してくれている感じがしたのを今でも鮮明に覚えています。

 

また、求人に関しては「職種から探す」の他に複数条件から探すことができ、本当に働きたい企業を選ぶことができるすばらしい転職サイトであると思いました。

 

大企業の求人は探すのは簡単ですが、私のような印刷営業を希望している場合は、複数条件で検索できる機能は本当に助かりました。

 

私の場合は前の会社が廃業となったので同期の仲間と転職活動をしましたが、普通転職というものは新卒採用とちがって一緒に戦う仲間がいません。担当のアドバイザーが親身になってアドバイスをしてくれる「マイナビエージェント」は本当にお勧めです。

 

また、私が転職した会社では、前職の印刷営業の知識をフル活用できているので困ったことは一切ありません。前職の印刷営業の知識を誇りに思っています。

 

印刷の営業はどの印刷会社でも通用する共通の見積方法・印刷物手配方法がありますので、同じ業界内を転職する場合は経験者は非常に有利になると思います。

 

前の会社は中小企業で脆弱な会社でありましたが、今の会社は資本・福利厚生・給与等文句をつけるところがありません。将来的にも今の会社で印刷営業職を続けて行きたいと思っています。

 

私は今まで印刷の営業しかしたことがありませんが、この仕事は自分に向いていると思っています。私は転職活動ができて非常によかったと思っています。